CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

明窓浄机

明るい障子の前に置かれた小さな机。
きれいにかたづけられた小部屋に朝の冷気が満ちて…
と、まあ、こんな理想を描きながら、散らかった机の上で書いています。
<< 綿の実 | main | 雨あがりの畑 >>
高野山
0
    天空の宗教都市、高野山。紀の川を渡って山上をめざして登っていく。宿坊に泊まる。車は本堂の前に若い修行僧に導かれて止める。こんなところまで車で入って行っていいのかな。靴を脱いで拭き清められた板張りの広い縁側に上がる。夕食はこちらでと案内された部屋は重厚な襖絵のある空間。開け放たれた障子の外から入ってくる涼しい風。下界は記録的な猛暑だというのに、なんという爽やかさ。

        



    みやげを売る店で『名刹に伝わる−やさしい精進料理』という本を見ていると目の前を頭を剃ったばかりの僧が二クラス分ぐらい通り過ぎていく。

        



    金剛峯寺の境内の高野槇と石楠花。庭のような山のような、空き地のような道のような。

           
    | 西の谷から | 22:56 | - | - | - | - |