CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

明窓浄机

明るい障子の前に置かれた小さな机。
きれいにかたづけられた小部屋に朝の冷気が満ちて…
と、まあ、こんな理想を描きながら、散らかった机の上で書いています。
<< あれから30年 | main | 南京 >>
白菜の発芽
0
    四日前にまいた白菜。かわいい双葉。種子の入った袋を見ると生産地がイタリアとかニュージーランドになっている。品種名は『NEW交配京都3号白菜』なのにそんなところで種をつくっているのか。昨年ちょっとうまくいったので気をよくして作付面積を増やそうと思っている。目標はキムジャン。おいしいキムチを漬ける。韓国の白菜は筋肉質でたくましい感じがするが日本のものは繊細でみじみずしい。昨年のキムジャンで作ったキムチはジューシーで評判はよかった。今年も同じ味になるかはわからない。で、白菜といえば、韓国の農学博士「禹長春」を思い出す。テレビのドキュメンタリー番組で『あなたは禹長春を知っていますか』というのがあった。20年ぐらい前のことだと思う。この中で韓国でいま食べられている白菜は彼がつくったもので、韓国人でその名を知らないものはいないという。番組の内容は彼の出自からはじまる歴史ドラマでぐんぐんひきこまれていった。その禹長春が韓国でも忘れられているという記事が今日の新聞にのっている。

            



        
    | 韓国イヤギ | 11:27 | - | - | - | - |