CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

明窓浄机

明るい障子の前に置かれた小さな机。
きれいにかたづけられた小部屋に朝の冷気が満ちて…
と、まあ、こんな理想を描きながら、散らかった机の上で書いています。
<< 隣の国の空の下(12) | main | 六月の庭 >>
隣の国の空の下(13)
0
    無計画にきてしまった河回マウル。朝それほど早くはなかったが村のなかは静か。スケッチしなくてはという思いと画帳を背にだんだん陽がたかくなり暑くなってきた路を行く。

        



    頼まれて歩いてるのかと思うほどの老人が歩いている。

        



    この壁の丸味。わがアトリエにこの感じをとりいれたつもり。

        



    座った畦が湿っている。陽ざしが強い。どうにか一枚描いた。旅のスケッチの画集なんかを出してる人をほんとに尊敬します。意志の弱い自分にがっかりしながら、それでもいろいろ感じた十日間の旅。

        


        
        
    | 韓国イヤギ | 10:13 | - | - | - | - |